留学中に妊娠したらどうする? ワーホリ/オーストラリア編

みなさんこんにちは。もしも留学中に妊娠が発覚したらどうしますか?海外で初めての妊娠、病院やこれからの事で焦ってしまいますよね。私はオーストラリアでワーホリ中に実際そうなったので実体験をお話したいと思います。

 

夫婦で初めてのワーホリ

私はオペアを終え2年が経っていました。その間に日本で旦那と出会い結婚しました。入籍から3ヶ月後の2019年3月、二人でワーキングホリデーでオーストラリアに旅立ちました!行き先はゴールドコースト。私25歳、旦那23歳。旦那は初めての留学です。私はとにかく日本に居たくないが理由、旦那はサーフィン大好きなのでゴールドコーストに来ました。普通は英語を話せるようになりたいだとか色々目標がある人が多いでしょうが、私たちは違って結構ゆるい決意でした(笑) そんな感じだったので私はオーストラリアに来た意味がわからなくなり、早く子供が欲しいな〜と思ったりしていました。

 

そんな時に妊娠発覚!

ゴールドコーストに来て3ヶ月が経った6月上旬、なんとなく検査薬を試してみるとまさかの陽性。奇跡ですよね、欲しいと思ってる時にできるなんで。ありがとうございます神様。

まずは旦那に報告。もちろん喜んでくれましたが、これからどうする?!となりますよね。もしも彼がオーストラリア人だったり、結婚していなかったりしたらとことん話し合ってくださいね。

ちなみにオーストラリアのスーパーで良く見かける妊娠検査薬。写真に載っているClear Blueは、生理予定日の6日前から検査可能です。私が発覚した時は妊娠3週と6日目。日本の検査薬は生理予定日から1週間後から使える検査薬が多いのでめちゃくちゃ早くわかります。しかも3回分で18ドルほど。安いです。

 

まずは病院へ行きましょう!

日本でもオーストラリアでも同じですが、検査薬で陽性が出たらまずは病院へ行きましょう。実はオーストラリアには、産婦人科というものがありません。通称GP (General Practitionerの略、一般開業医のこと)があります。オーストラリアではGPで診察して紹介状を出してもらい、そこから専門医にやっと行けるという流れが普通のようです。まずは近くのGPをググって見つけてみましょう。私がいたゴールドコーストは日本人が多い地域だったので、日本人の方が通訳してくれるクリニックがありました。日本語でググってみるのもありですね。

私が実際に行ったさくらクリニック。おそらく夫婦でやってらっしゃいます。オーストラリア人の旦那さんがお医者さんで、奥様が日本語で通訳をしてくださるので、英語が苦手でも安心。

ゴールドコーストさくらクリニック

https://www.goldcoastsakuraclinic.com/

住所: 62-64 Devonport St. Southport QLD 4215

初診、再来関係なく80ドルくらいかかりました。ネットで調べると尿検査や血液検査があると書かれていましたが、私の場合は血圧測って問診して終了でした。ちなみに通訳つけた場合は現金で20ドルかかります。

私は病院関連の英語や妊娠関連の英語はそんなに自信がないのでという理由で通訳をつけて20ドル払いましたが、正直ある程度できるなら通訳代はもったいないです。だって問診といっても、最終月経はいつ?とか簡単な質問だけでしたから。。。(笑) だったらオーストラリア人のいる普通のGPに行けば1時間もかけて往復しなかったかな?と少し後悔しましたが、病院の方の対応がすごく良かったです!!

 

いよいよ超音波検査(エコー)です!

GPに行くと紹介状を貰えるとお話しました。その後は赤ちゃんを確認してもらう為に超音波検査をしてもらいます。日本とは違って、放射線検査のできる病院のチェーン店みたいなものがあって、家から近いところを選んで自分で電話予約or直接受付に行って予約します。

ゴールドコーストエリアでは、

South Coast Radiologyという施設。WEBで予約すると後から電話がかかってきて口頭で色々質問されます。英語に自信がない方は直接行って紹介状を見せると話が早いかもしれません。私はゴールドコースト滞在中2回行きましたが、2回目は話が通じなかったので直接行きました。(直接行ったらすんなり予約できました)

予約時に、診察の日は予約時間の1時間前までに水1リットル飲んでトイレは診察が終わるまで行かないように!と言われます。これで膀胱におしっこを溜めておかないとエコーが見えないんですよ。私は大丈夫だろと思って我慢できずトイレしてしまって見えませんでしたよ。。。見えなくてもタダで経膣エコーをやってくれます。ただオーストラリアでは初期の頃から経腹エコーが普通みたいです。日本は妊娠中期になるまで経膣エコーな事が多いみたいなのでそこまで気にならないですけどね。。。

エコーでみてもらい、無事胎嚢が確認できたら妊娠確定です!おめでとうございます!

ちなみに保険なし、全額負担でしたのでエコーのは1回150ドルくらい。ワーホリ中に病院なんて行かないだろうと思ってましたから。。。

 

エコーのあとはまたGPへ…

結果はもちろん口頭でもエコーをみながら教えてくれると思いますが、ちゃんとした診察結果はまたGPで聞くことになります。どんだけ金かかるんだよって思いますよね。ただ私がお世話になったクリニックでは、往復が大変でしょうからと言う事で結果を写真で送ってくださいました。本当に本当に助かりました。

最初のエコーは 確か5週半ば頃に行きましたが確か心拍が確認できず。検査薬が早くわかりすぎるので行く時期も早すぎました。自分で最終月経日から妊娠何週か計算して、6週を目処に行こうと思ってましたが早かったみたいです。

帰国は妊娠11週頃になる予定だったので、帰る前にもう一回エコー行ってねとの事だったのでもう一度紹介状をもらいにGPへ。そうです、紹介状は行くたびに必要なんです。おかしくないですか?本当にお金飛びまくりですよ。

 

ちなみにオーストラリアでは

エコーは赤ちゃんが生れるまでに2.3回しかしないとか。しかも本当は一番最初にするエコーは12週とか13週頃らしいです。日本だとすぐ病院行って確認してもらうし、妊娠中はかなりの頻度で行くのにー!!これじゃあ心配になっちゃいますよね。私は子宮外妊娠とかも心配だったのですぐ行きましたけどね。

帰国前の10週目頃に行ったエコーの電話予約は、これのせいで理解してもらえなかったです。なんで10週なのに来るの?とか言われたりして。なので直接行って説明しました。

 

帰国する時期を決めましょう。

私たちはもともと7月末にいとこの結婚式が日本であるのでチケットを買っていたんです。なのでその時に帰ろう!ということになりました。妊娠発覚してから約2ヶ月間はゴールドコーストで過ごしていました。つわりが始まる前に急いでウェディングフォトを撮ったり。最後に遠出したり。案の定1ヶ月間つわりで家から一歩も出ない生活をしたので色々しておいて良かったと思います。 私は妊娠11週頃に直行便で日本へ帰国しました。

ちなみに、安定期(妊娠16週頃から)に入る前に飛行機に乗るのは良くないと書かれていることが多いですが、飛行機に乗ったからと言って流産してしまうという事もないのでご安心ください。ただつわりがある方は辛いでしょうし、長時間同じ姿勢は良くないのであまり無理はしないように!というような、英語で調べるとそんな意見が多いです。

これで私たちの5ヶ月間のワーホリ生活が終了しました!

 

最後に

海外留学中の妊娠は想定外な方もいる事でしょう。英語もできないのに病院どうしよう!とか、保険もないしお金もない!などなど色々な不安がつきまとうかもしれませんが、冷静な判断をして自分にとって良い決断ができるようにしてくださいね。体調も崩しやすくなるので自分の体を大事にしてください!つわりを乗り越えると可愛い赤ちゃんが待っていますよ☺︎

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top